1. HOME
  2. 特集
  3. 日本スラックライン連盟公認大会 日程発表されました

SPECIAL

特集

日本スラックライン連盟公認大会 日程発表されました

今年のスラックライン競技大会の日程が日本スラックライン連盟より発表

現在シーズンオフであるこの季節に早期に発表されるのは

競技者としてはとてもありがたいです

GIbbonカップは全3戦!

2019年の主な大会⋆イベントスケジュール

 ・ 4月28日(日) GIBBON CUP 2019 第1戦         in グランフロント大阪うめきた広場

 ・ 7月21日(日) GIBBON CUP 2019 第2戦          岩手花巻大会 銀河モール花巻

 ・ 8月17日(土) GIBBON CUP 2019 第3戦          山梨南アルプス大会 南アルプス市櫛形総合体育館

 ・ 8月18日(日) GIBBON FESTIVAL(第4回 Longline Contest)南アルプス市ユネスコエコパーク 北伊奈ヶ湖 水辺公園

 ・ 9月28,29日    第10回日本オープンスラックライン選手権記念大会            二子玉川ライズ

4月28日(日)第1戦   久しぶりの関西開催!in  グランフロント大阪うめきた広場

ギボンカップ初戦となる場所は

関西地区で大阪府である

数年前に一度関西大会が2回ほど開催されましたが、今回は大型ショッピングモール

グランフロントでスケールが数倍にもなっている。

東京での二子玉川ライズに劣らないスケールでスラックラインの大会ができることはとてもすごいことで楽しみです。

関西で活動しているスラックライン愛好家たちが集結して実行運営等行うことで、より競技者目線や観客目線でスラックラインを楽しむことができる環境を作ってくれると思います

7月21日(日)第2戦   岩手花巻大会 銀河モール花巻

第2戦となるのは東北地方

昨年開催して大成功をした岩手県での連続開催になります。

復興を兼ねてのスラックライン普及のために「手長猿倶楽部」さん中心に運営等をされる

アットホームな大会になることを楽しみにしています

花巻空港からもアクセスがよく、飛行機の手配も検討に入れてみるのもいいと思います

8月17日(土) 第3戦    山梨南アルプス大会 南アルプス市櫛形総合体育館

第3戦は、日本の中心部で今大会では各地方から参戦しやすい場所にある山梨県で開催です。

山梨県は行政(南アルプス市)の協力がある、街を挙げての大会イベントです。

2日間に渡る大会は

1日目はトリックラインのジャンル

2日目はロングラインのジャンル

自然あふれる山梨県でギボンカップ最終戦が行われます

ここで年間シリーズチャンピオンが決定いたします。

最終戦は日本オープン選手権大会は東京で開催

東京 二子玉川ライズでの大会は長きに続き、いわば大会の聖地とも言われても過言ではない。

地域の方々や、東京でのスラックラインの認知度を上げているのもこの大会があるからだと思います。

二子玉川駅やライズモールの連絡通路であり、人の動線上で大会を開催します。

駅を降りてショッピングモールの方に歩いてきたらすぐにわかります。

この大会は、招待制になっており、シリーズ通して成績をおさめた選手だけが出場できる名誉ある大会である。

数年前から、海外からの招待選手も出場するようになって、日本一を決める最高の大会となります

 

 

詳しくはギボンスラックライン公式ホームページを確認してください